選挙のコンプライアンス
Q&Aケース例
ケース1. (電話作戦の際に)「私の名前や電話番号をどうして知っているの?」の問い合わせがあったら
名簿提供者の氏名を公表できる場合 「〜会の〜様よりご提供いただきました」 ※電話がかかってきた人が〜氏に問い合わせる可能性あり


名簿提供者の氏名を公表できない場合(匿名希望)

・(実際に不明の場合)「ご提供者はわかりかねます」
・(匿名希望の場合)「申し訳ございませんが、ご提供者をお教えすることはできません」

※電話がかかってきた人は、例えば同窓会名簿の場合、同窓会の執行部に対し、名簿流出の責任を問いたり、名簿の目的以外の使用に対する追及、または禁止条項の申し入れを行う可能性あり

電話帳による場合 「電話帳に基づきお電話させていただきました」 ※問題はない


ケース2.

(電話作戦の際に)「電話帳に掲載されていないのに、(情報提供先の公表がどうあれ)電話をかけてくるのは『個人情報保護法』違反ではないのか?」の問い合わせがあったら

名簿提供者の氏名を公表できる場合 「〜会の〜様よりご提供いただきました」 「そうは言っても、名簿を政治(選挙)に利用するのは違反ではないのか?」
       
    「お預りした名簿は厳重に管理し、政治(選挙)活動以外の目的には一切使用しませんのでご了承下さい。 また、政治(選挙)活動での使用については、個人情報保護法第50条1項により適用除外となっております。よって問題はありません。」


名簿提供者の氏名を公表できない場合(匿名希望) 「申し訳ございませんが、ご提供者をお教えすることはできません。個人情報保護法でご提供者が政治団体ではない場合(政治団体の場合は全く問題なし)は、同法第4章の「個人情報取 扱業者の義務等」の規定を遵守する必要がありますが、同法第35条で「主務大臣は、前三条の規定により個人情報取扱事業者に対し、報告の徴収、助言、勧告または命令を行うに当たっては、表現の自由、学問の自由、信教の自由及び政治活動の自由 を妨げてはならない」、並びに同条第2項「前項の規定の趣旨 に照らし、主務大臣は、第50条第1項各号に掲げる者(それぞ れ当該各号に定める目的で個人情報を取り扱う場合に限る)に 対して個人情報を提供する行為については、その権限を行使し ないものとする」により、提供した行為に対して、主務大臣が 報告の徴収・助言・勧告等の権限を行使することはありません。また、ご提供者が〜会(〜同窓会)の個人会員である場合は、同法の個人情報取扱事業者には該当しません。
 
    ※電話がかかってきた人は〜会に対し徹底した名簿の安全管理、並びに目的 外使用を禁じるよう訴える可能性あり


ケース3.

「政治(選挙)活動に人の名簿を使って良いのか?」の問い合わせがあったら

ケース2同様に 「政治団体用除外とされておりますので、全く問題ありません」政治団体(後援会・政治[確認]団体)が政治(選挙)活動のために使用することについては、個人情報保護法第50条 第1項により、適用除外とされておりますので、全く問題ありません」

ケース4.

「勝手に名簿を集めることは許されるのか?」の問い合わせがあったら

「政治団体(後援会・政治[確認]団体)が政治(選挙)活動のために、名簿を収集・作成・管理し、使用することは全く問題ありません」


ケース5.

「名簿管理はきちんとやっているのか?」の問い合わせがあったら

「山田太郎後援会では、幹事長が先頭に立ち、徹底した名簿管理を行っております。また、後援会規約にもその旨明記しており、政治(選挙)活動以外への使用は一切禁止しております。山田太郎後援会では第50条第3項にある「個人データの安全管理のために必要かつ適切な措置」「個人情報の適正な取り扱いを確保するための必要な措置」を後援会の内規で、集めた名簿並びに後援会名簿の安全管理を定めており、情報の保護には細心の注意を払い徹底しております。


ケース6.

「後援会の規約(内規)を見せてもらえますか?」の問い合わせがあったら

「それでは山田太郎後援会の規約(内規)をお送り致します(ファックス・またはメール)。」
※現在の後援会規約に下記の条文(例)を追加し、必要に応じて公開して下さい。
 第○条 本会は個人情報の維持・管理を徹底するために、個人情報管理責任者を置く。
 第○条 本会は会員名簿の政治活動目的以外の使用を禁止するとともに、名簿の一般公開を禁止する。
*第○条 本会は個人情報保護法はもとより、公職選挙法、政治資金規正法等、政治・選挙活動に関わる法律の遵守を徹底する。
*「個人情報管理責任者は誰ですか?」と尋ねられる可能性がありますので、規約追加の際、事務局長兼務等と決めておくとよいでしょう。
*最後の条文の挿入については、適宜ご検討下さい。
本文の一部、全部を無断で複製・転載することを禁じます。
BACK
ページトップへ
2006 ASK Co., Ltd. All rights reserved.