選挙調査

選挙調査(選挙情勢調査)

選挙情勢をできる限り正確に把握・分析し、戦略・戦術を構築する上で、「選挙情勢調査」は欠くことのできない必須事項です。

しかし、たとえば同じ支持率を問う場合でも、質問の仕方、質問項目の順番等でその結果に微妙な差が生じます。また、回収するサンプルを選挙区内の各地域の有権者数に詳細に按分して回収しているか否かによっても数字が変わってきます。

そのため、信頼のおける調査会社に依頼することが大切です。少しでも手を抜かれたり、いい加減なサンプリングをされたら、それこそ“政治生命”に関わるからです。
私たちは精度の高い調査実施は当然のこととして、誤差(バイアス)の見方、結果分析、並びに主な対処法等、結果に基づいたアドバイスを提供しております。

選挙調査(選挙情勢調査)とは

1. 定量調査

その名の通り、電話によるアンケートを実施し、対象地域内の然るべきサンプル(選挙区の縮図)を抽出・回収・集計するものです。私たちは、これを“候補者本人、そして対抗馬の身体検査(人間ドック)”に例えています。即ち、自分(もしくは敵)の強弱を正確に把握することにより、今後の戦略・戦術に生かしていただくことを目的とするわけです。単に何ポイント優勢、劣勢と一喜一憂するためのものではありません。

都道府県知事選挙や市長選挙の場合は、余裕があれば複数回実施することにより、対象別(地域別/年代別/性別/職業別/支持政党別等)の「知名度・認識度」の動向(良くなった/悪くなった)が一目瞭然になるというメリットがあります。

こうした調査は、質問項目の設計やクロス集計表の作成一つをとっても、調査に手慣れた選挙のプロの目によるチェックが不可欠です。

2. 定性調査

定量調査のような科学的根拠に基づくデータではなく、街頭インタビュー等で候補者や対抗馬の風評や様々な評価・キーワードを抽出したり、マスコミ関係者による情勢分析等で情勢分析を行う手法です。

己を知り、敵を知るための調査手法として、昔から用いられています。最近では固定電話による「定量調査」の限界もあり、こうした旧来の手法も見直されています。

3. 応用調査

選挙情勢調査の他にも、最新の調査ノウハウを生かした「名簿信憑性調査」(参議院比例代表向け)等、候補者や支援団体等が所有する名簿の信憑性調査の他、オートコールシステムを使った候補者本人の肉声(録音)による選挙期間中の「メッセージ発信サービス」のメリット・デメリット(公職選挙法上問題なし)等のご相談もお受けしています。

調査価格表(PDFダウンロード)

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5215-5711 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 選挙プランナーのアスク株式会社 All Rights Reserved.